投稿者: 伊藤 泰輔

ディープラーニングの根本部分である逆誤差伝播法のプログラム

ディープラーニングの根本的な部分ですが、逆誤差伝播法のプログラムです。これは、「詳解ディープラーニング第2版」という本にのっていたプログラムを更に単純化して、行列の計算が見えるようにしてみたものです。 処理を追いかけてみると、逆誤差伝播法

M1のMacでディープラーニングをやってみる

動画の内容をまとめた資料をこちらからダウンロード頂けます。

Tensorflow2のPythonプログラムで、深層強化学習の連続値制御SACモデルを解説してみる

動画の内容をまとめた資料をこちらからダウンロード頂けます。

Udemyで「Pythonとディープラーニングがわかる基礎講座」を販売開始しました。

Udemyの「Pythonとディープラーニングがわかる基礎講座」を販売開始しています。 この動画は、そのセクション1を公開しているものです。 Pythonとディープラーニングがわかる基礎講座(Windows10版) こ

Tensorflow2のSubClassingAPIの解説

Tensorflow2のSubClassingAPIは、これまでにないような先進的なAIモデルを フルカスタマイズで自由に構築できるエキスパート向けの記述方法です。 自由にできるメリットがありますが、同時に難しくもなりますので、

DockerでTensorflow2のGPU環境を構築する。(Ubuntu Server)

Dockerコンテナを使って、Tensorflow2のGPU環境を構築してみます。 OSは、Ubuntu サーバー(Linux)です。 Dockerで、tensorflow-gpuが使えるようにします。 GPU環境の構築には、「N

TransformerのAttentionの解説

GPT、BERTなどは、Transformerをベースにしていますが、そのTransformerの核心であるAttentionについて解説してみました。Attentionは、自然言語だけでなく、SANなど画像処理でも活用されています。

Windows10で学ぶAI画像認識(Mask RCNNモデル)

エンジニアの技術支援を目的に、AI技術を解説しています。UdemyでもAI講座を販売しています。 Windows10で学ぶAI画像認識(Mask RCNNモデル) 講座の最初の方はUdemyで無料で公開しています。

GradientTape

Tensorflow2のエキスパート向けのチュートリアル(SubclassingAPI)で、一番難しいポイントだと思ったGradientTapeについて解説してみました。 ※画像をクリックすると拡大します。 参考サイト

車窓映像のディープラーニング

車関係のディープラーニングです。車から見る映像などをもとに、車を取り巻く道路状況を認識しています。 ※画像をクリックすると拡大します。 参考・引用サイト アイブンの記事論文