【運動機能測定システム】

6つの運動種目の測定を自動化し、運動測定業務を効率化!

ロコモヘルパーは、介護スタッフの運動測定に関わる業務を軽減するために開発したソフトウエアです。通所リハビリ等で行っている介護予防での運動測定業務を「効率化・見える化」します。
※ロコモヘルパーは、医療用ソフトウェアとしての利用を想定していません。

使用方法

運動機能測定システムの使用方法画面

診断結果

  • 評価レポートを自動作成

    利用者の運動測定記録をもとに評価レポートを自動で作成します。測定結果に応じてコメントも自動で付与されますので、レポート作成時間を短縮できます。

  • 充実した分析支援機能

    最新の測定動画と過去の測定動画を比較することができます。また体の部位や関節の軌跡をトレースできるので、運動測定後の分析ツールとして活用いただけます。

運動機能測定システムの結果画面

導入事例

運動機能測定システム導入前後の比較

導入効果

運動機能測定システム
通所リハビリ等で行っておられる運動測定業務を簡便に測定できます。

  • 測定レポートで“見える化”と“作業軽減”
  • 経過チェックで機能訓練の効果を“見える化”
  • 動画保存と動画比較で、自らの改善・回復が“見える化”

対象者の測定履歴を把握し、目標や評価管理を簡便に実現

  • いままで複数人で対応されていた測定、記帳が自動化!補助・アシストに専任できます。
  • 動画記録で、実施後ゆっくり(専門の方とも)機能評価が行えます。
  • 機能評価も標準化でき、誰でもが同じルールで測定できます。

機器構成

  運動機能測定システムの機器構成