技術開発カンパニー

科学技術の発展とその社会への普及は益々スピードアップしています。科学技術の普及は、生活利便性向上の反面で、事故による災害や、大量生産・大量破棄による資源の枯渇や環境破壊など、人類文明の存続に危惧が生じています。技術開発カンパニーは、科学技術の発展と人類文明との調和を常に念頭に置き、社会の安全と安心に寄与するソリューションを提供してまいります。
twitter
facebook

環境システム

高調波で電気設備の異常・劣化を診断しトラブルを防止。 保全技術の継承問題を解決します。
「電気設備機器の劣化箇所と劣化度合は、その機器が発する高調波の成分と相関関係がある」 10年以上の歳月をかけて、1万台以上の電気設備の高調波を測定・分解して検証し、導き出された結論です。 高調波診断器は、非接触・活線にて電気設備の、機械系・電気系の異常・劣化を、設備を止めずに診断します。特に、高調波を用いた、インバータの異常・劣化診断は、高い診断確率を誇ります。

高調波診断の特長と省エネ診断の適用事例(PDF)

異常・劣化診断装置をストリーミングでご紹介。
  • ●高調波診断器の販売
    • KS3000A・KS2000A・nKS2000
  • ●有償高調波診断技術セミナーの開催
  • ●電気設備の状態監視システム(HAMOS)の販売
  • ●こんな業種や専門家におすすめ
    • 自動車製造業、化学製品製造業、製鉄業、産業用機器製造業、 保守点検サービス業、製紙業、製薬業、飲料製造業、他
高調波設備診断器の特許・受賞
  • ●国際特許取得
    • PTC/JP2004/001154 移行済み アメリカ、韓国、EU、中国
  • ●取得特許一覧
    • 1)特許第3561882号 名称: 電気機器の劣化診断法 取得(登録)日: 平成16年6月11日
    • 2)特許第3661155号 名称: 電気設備の高調波診断方法 取得(登録)日: 平成17年4月1日
    • 3)特許第3671367号 名称: 電気機器設備の異常診断方法 取得(登録)日: 平成17年4月28日
    • 4)特許第3671369号 名称: 電気機器の異常及び劣化診断装置 取得(登録)日: 平成17年4月28日
  • ●受賞
    • ☆文部科学大臣賞 2005年度 科学技術賞 受賞
  • ●受賞
    • ☆(財)日本発明振興協会 発明大賞 2003年度 山口発明功労賞 受賞
  • ●受賞
    • ☆(社) プラントメンテナンス協会 2003年度 PM優秀製品賞・開発賞 受賞
  • ●受賞
    • ☆京都市中小企業支援センター 2003年度 オスカー賞 受賞